ポイントインカムでのMAX月収は約69万円!誰がやってもこれ以上は無理。

ポイントインカムって最高で月収いくら稼げるの?

と疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

 

答えは69万3450円です。

これ以上に稼ぐことはシステム上不可能です。

 

ということで今回は、ポイントインカムでのMAX月収について書いていきます。

※遊びで書いたネタ記事ですので、暇つぶし程度にご覧ください。

 

 

月収の定義

まずここでの月収の定義は、獲得ポイントではなくて1か月で交換したポイント数とします。

 

仮に「今月1億ポイント獲得した」というユーザーがいても、ポイント交換しなければ月収は0です。

これは我が日本国も認めています。

 

1億ポイント獲得しようが、1兆ポイント獲得しようが1円も課税されることはありませんよね。

「ポイントは収入ではない」という国のお墨付きです。

 

 

インカムのポイント交換のルール

では次にポイントインカムの交換ルールについておさらいしておきます。

・どの交換先でも1度に交換できるポイントに上限がある。

・1日に1回まで交換申請が可能。

・交換が完了するまで次の交換申請はできない。

 

ポイントを貯めまくっても、その全てをすぐに現金化することは不可能。

 

つまり何が言いたいかというと、「交換システムのルール上、月収に上限がある」ということです。

 

リアルタイムと翌営業日

で、ポイントインカムの交換先は大別すると2種類。

・リアルタイムで反映される交換先

・翌営業日以降に反映される交換先

 

この2種類です。

 

リアルタイムで反映される交換先

T-ポイントとかdポイントといった電子マネー系が多いです。

交換申請すれば、すぐに所得として反映されます。

 

月に最大で31回まで交換できます。

 

しかし、どの交換先でもリアルタイムで交換できるのは1日5000円まで。

リアルタイム反映のMAX月収は15万5000円です。

 

翌営業日以降に反映される交換先

ポイントインカムでは1日に1万円以上の交換をリアルタイムで行うことはできません。

どの交換先でも翌営業日以降であれば、申請した次の日以降に反映されます。

 

そして翌営業日に土日祝日はカウントされません。

つまり月にMAX23回所得を得ることができます。

 

 

交換上限が一番高いのはPollet

ポイントインカムのポイント交換先は、例外なく1日の交換額の上限があることは上述しました。

 

そしてリアルタイム系よりも翌営業日系のほうが、1日の最大交換額は大きいです。

 

では、1日の交換額の上限が最も大きいのはどこでしょうか。

答えはPolletで、1日に30150円まで交換できます。

 

翌営業日に反映されるPollet

Polletは1日に30150円まで申請できて、翌営業日に付与されます。

土日祝日は飛ばされますので、平日のみの付与です。

 

要するに平日が多くある月が、最も稼げる月になります。

 

 

最高月収69万3450円を獲得できるのは10月のみ

ここまでくると大体の話は見えてきたかと思います。

・1か月が31日ある。

・土日が8回しかない。

・祝日がない

 

これを満たすのは10月(2021年のみ)と12月です。

しかし、12月は年末のポイント交換規制が入るので実質10月のみ。

 

ということで23×30150=693450円が最高月収。

 

 

まとめ

以上、ポイントインカムの最高月収についてでした。

 

そもそも毎月690万ポイントをどうやって貯めるの?って話なのですが、月にこれ以上交換できませんのでゴールは見えますよね。

 

ポイントインカムを極めたいという方は、月に690万ポイントを目安に頑張るといいのではないでしょうか(他人事)

© 2021 よんぶろ