クレジットカードをポイ活目線で比較!おすすめの1枚はコレ

ポイントサイト クレジットカード

普段クレジットカードを比較するときに「種類が多すぎて自分に合った1枚が分からない」ということはありませんか?

多くの方は

・決済時にどんなポイントが付与されるのか。

・また何%付与されるのか。

・付帯するサービスにどんなものがあるか。

こういった内容で吟味していくかと思います。

 

しかし、ポイントや付帯サービスも結構複雑。

各クレジットカード会社の公式サイトを眺めていてもなかなかその全容は把握しきれません。

実際に手に取って、しばらく利用して初めて見えてくる部分も正直あります。

 

そこでこの記事では、ポイントサイトからの報酬目線でクレジットカードを比較してみました。

カードを発行してみたが自分に合わなかった。じゃあ解約。

となっても、報酬が貰えれば悪い気はしませんよね。

 

ということで、「各クレジットカードのウリが分かりにくい」という方は以下を参考にして発行してみるのも1つの手段かと思います。

 

 

今月必見の1枚

まずは11月の注目のクレジットカード。

 

JALカード (navi )

年会費 ポイント種別 還元率
無料 JALマイル 1.00%~2.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
9000円 1~3か月程度 0%

主な特徴

・18歳~30歳までの学生限定。

・卒業後は自動でJALカードへ切り替わる。

・限度額は10万円。

通常3300円の年会費がかかるショッピングマイルプレミアムに無料で加入できます。

100円で1マイル、特約店なら2マイルが貯まり、マイルの有効期限も在学中はありません。

 

学生であれば実家に帰るときに飛行機を利用する方も多いと思いますが、フライトでもマイルが貯まる仕組みが多数あります。

学生必見の1枚ですね。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 9000円 カード発行 90日程度
ハピタス 8000円 カード発行 30日程度
ポイントタウン 8500円 カード発行 30~60日

 

 

クレカ案件の基本。挑戦する前に知っておきたいこと

クレジットカードでポイントサイトから報酬を得る手順は以下の通り。

①ポイントサイトへ登録する。

②自分の好みのクレジットカードを選び、ポイントサイトから公式サイトへ移動する。

③公式サイトで個人情報を入力し申し込み。

④クレジットカードの発行

⑤発行後、数週間~数か月でポイント付与。

⑥ポイントを現金や電子マネー等に交換。

高単価で簡単にポイントを獲得できることから、どこのポイントサイトでも人気のコンテンツです。

ポイントサイトの花形と言っても過言ではないでしょう。

 

チャンスは1度のみ

「あるポイントサイト経由でクレジットカード発行。報酬を受け取った。」としましょう。

 

その後、解約して別のポイントサイト経由で同じクレジットカードを発行。

この場合はポイントサイトからの報酬は受け取れません。

 

ポイントサイトから報酬が受け取れるのは1つのカードにつき1度だけです。

 

単価は結構変動します

ポイントサイトのクレジットカード発行案件は価格がかなりの頻度で変動します。

先月まで3000円だったのに、今月は5000円の報酬。」こういったことも日常茶飯事。

先月は5000円だったのに、今月は3000円の報酬。」といった逆パターンも当然あります。

 

ポイント獲得までの流れはいつでも変わりませんので、3000円のときよりも5000円のときに作ったほうがお得です。

 

過去の最高単価は知っておいて損なし

じゃあ例えば、とあるクレジットカードの発行案件が5000円で出ていたとします。

・5000円の単価が果たして高いのか、安いのか。

・すぐに申し込むべきなのか、見送るべきなのか。

相場を知らないとなかなか判断できませんよね。

 

こういったときに過去最高単価が1つの目安になります。

・今は5000円だけど、過去には2万円のときがあった。

この事実を知っているだけで、「5000円で申し込むのはもったいない」とか「もう少し待てば上がるかも」と考えることができます。

 

2~3割減の妥協も必要

過去最高単価でクレジットカードを作るに越したことはないですが、これはなかなか厳しいです。

 

どのポイントサイトの過去の例を見ても、「数量限定」とか「24時間限定」といった感じの限定掲載が大半。

過去最高単価で取られるとポイントサイト側にも旨みがほぼないので、本当に期間限定の激レアです。

 

毎日数時間おきに全ポイントサイトをチェックできるポイ活ユーザー以外は、狙いすぎると永遠にクレジットカードを作る機会がありません。

なので、ある程度の妥協も必要かなと。

妥協のラインは個人の感覚とクレジットカードの種類によりますが、当ブログでは「過去最高単価の20%~30%減まで」としています。

 

 

ポイ活目線で見る、おすすめクレジットカード

ということで、ポイントサイトで扱われているクレジットカードにおける過去最高単価と現在の単価を比べてみました。

分かりにくい用語があるので先に定義&解説しておきます。

 

過去最高単価

モッピー、ポイントインカム、ハピタス、ポイントタウン、ライフメディア(現ニフティポイントクラブ)、ECナビ、GetMoney、ワラウ、コインカム、ちょびリッチ、すぐたま。

これら11のポイントサイトの中での話です。

クレジットカードによって異なりますが、期間は1~3年程度の中での最高単価になります。

 

乖離率

上記11社の現在のNo1の単価と、過去最高単価にどれだけ開きがあるかの指標。

低いほど良しとします。

ポイ活目線で見れば、乖離率30%以下はおすすめのクレジットカードだと個人的に思っています。

 

楽天カード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 楽天ポイント 1.00~3.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
11500円 約1~4か月 48%

主な特徴

・支払い100円で1ポイントの楽天ポイントが貯まる。

・楽天Payや楽天Edyにチャージして決済するとポイントの2重取りが可能。

・楽天市場での買い物はさらにポイントアップ。

 

何か不都合があったときのコールセンターへの電話は有料で塩対応。

評判はあまりよろしくないですが、楽天市場での買い物するユーザーにとっては非常に重宝するカードです。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 6000円 新規でカード発行 30日程度
ハピタス 1500円 新規でカード発行 30~120日
ワラウ 1410円 新規でカード発行 60日前後

 

dカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 dポイント 1.00~5.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
5000円 約1~3か月 40%

主な特徴

・支払い100円につき1ポイントのdポイントが貯まる。

・d払い+d払いの支払いをdカードにすることでポイントの3重取りが可能。

・d払い対応の店舗も増え、割とポイントは貯めやすい。

dポイントがドコモの携帯料金の支払いに充当できることや、dカードで支払うと5G系のプランが割引になるため、ドコモユーザーに人気のカードです。

 

単価は最近ずっと3000円で横ばい。

しかしどこのポイントサイトでも突発的に単価アップすることがあるので注意。

 

とはいえ基本的にあまり値動きのないカードなので3000円でも個人的にはGO。

逆に3000円を下回るようなら見送りでしょうか。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 3000円 新規でカード発行 30日程度
ハピタス 3000円 新規でカード発行 90日程度
ワラウ 3000円 新規でカード発行 45日程度

 

dカードGOLD

年会費 ポイント種別 還元率
11000円 dポイント 1.00~3.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
28000円 約1~3か月 17%

主な特徴

・支払い100円につき1ポイントのdポイントが貯まる。

・d払い+d払いの支払いをdカードにすることでポイントの3重取りが可能。

・ドコモの携帯・光の利用料金支払いで10%分のdポイント還元。

dポイントを貯めている方で、年間100万円以上使う場合はdカードよりもゴールドのほうがお得です。

 

単価のほうは23500円でほぼ横ばい。

どこのポイントサイトも単価アップが突発的に行われるので見逃せません。

 

25000~26000円なら文句なしでGO。23500円で妥協もあり。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 23500円 新規でカード発行 30日程度
ハピタス 23500円 新規でカード発行 90日程度
ポイントインカム 23500円 新規でカード発行 90日程度

 

ファミマTカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 Tポイント 0.50~2.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
7000円 1~6か月 79%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのTポイントが貯まる。

・ファミリーマートでは200円につき4ポイント(対象外の商品あり)

・ファミペイへチャージし、決済時にTポイントカード提示でポイント3重取りも可能。

ファミリーマートで買い物をするときにちょっぴりお得になります。

ただし初期状態だとリボ払いに設定されているので、会員専用ネットサービスより「ずっと全額払い」に設定してからの買い物をおすすめします。

 

単価は100円単位でちょこちょこ動く印象があります。

モッピーとハピタスが高単価を出す傾向が強いです。

 

個人的には5000~6000円台ならGO。それ以下は見送りもアリだと思います。

単価上位のポイントサイト(10月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 1500円 新規でカード発行 30~180日
ハピタス 1500円 新規でカード発行 45日程度
ポイントインカム 1200円 新規でカード発行 180日程度

 

Yahoo  Japanカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 Tポイント 1.00~2.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
6500円 1~2か月 38%

主な特徴

・支払い100円につき1ポイントのTポイントが貯まる。

・Yahooショッピング、LOHACOでの決済でTポイント2倍+PayPayボーナスライトも付与。

・Tポイント一体型を選択すれば、カード決済で自動的にポイント2重取りが可能。


YahooショッピングやPayPayモール、LOHACOでの買い物でちょっぴりお得。

PayPayマネーライトにチャージできる唯一のクレジットカードで貴重(しかしチャージしてもTポイントは付きません。)

 

単価はそれなりに変動。ハピタスが割と強めに感じます。

5000~6000円台であればGO。それ以下は見送りもアリかと。

単価上位のポイントサイト(10月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ハピタス 4000円 新規でカード発行 60日程度
ポイントインカム 3000円 新規でカード発行 60日程度
ライフメディア 3000円 新規でカード発行 30日程度

 

セブンカードプラス

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 nanacoポイント 0.50~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
7100円 2~3か月 30%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのnanacoポイントが貯まる。

・セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、そごう・西武、などセブン&アイグループでは200円2ポイント。

・nanacoにチャージしてnanaco決済することでポイントの2重取りが可能。


あまり大きな声では言えませんが、セブン&アイグループで他社カードで決済しても還元率は1%で変わりありません。

すでにnanacoカードを持っていて、nanacoポイントを貯めたり使ったりしているユーザーに重宝するカードです。

 

単価は結構変動します。

6000円台なら文句なし。5000円台は見送りもアリ。

単価上位のポイントサイト(10月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ハピタス 5000円 新規でカード発行 90日程度
ポイントインカム 4500円 新規でカード発行 60日程度
モッピー 5000円 新規でカード発行 60日程度

 

 コジマ×ビックカメラカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 WAONポイント 0.50%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
6000円 1.5~2か月 17%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのWAONポイントが貯まる。

・ビックカメラ、コジマ、ソフマップでは現金で決済したときと同率のポイントが貯まる。

・イオングループのお客様感謝デーではカード決済で5%オフ。


ビックカメラ、コジマ、ソフマップではポイント名称が異なりますが相互利用が可能です。

さらにWAONでの支払いも可能。

WAONポイントを貯めている方」や「ビック、コジマ、ソフマップでよく買い物する方」に重宝するカードですね。

 

単価は5000円以上になることは滅多にないのでGO。4000円台なら見送りもアリ。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ポイントタウン 5000円 新規でカード発行 45日程度
ポイントインカム 2000円 新規でカード発行 45日程度
モッピー 4000円 新規でカード発行 60日程度

 

三井住友カード PLATINUM PREFERRED

年会費 ポイント種別 還元率
33000円 Vポイント 1.00%~10.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
26000円 1~6か月 8%

主な特徴

・支払い100円につき1ポイントのVポイントが貯まる。

・VISA特約店では最大で10.00%還元も。

・発行後3か月以内に40万円以上利用で40000ポイントで年会費はペイ可能。

やはりプラチナカードだけあって、たくさんカード利用する人ほど恩恵が大きいですね。

エクスペディアやHotels.comでは10%、一休.comでは7%と旅行宿泊系のサイト利用に強み。

 

年会費が33000円かかる点に注意。

単価上位のポイントサイト(10月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ECナビ 24000円 新規でカード発行 30日~70日程度
ポイントインカム 22000円 新規でカード発行 120日程度
ライフメディア 22000円 新規でカード発行 30日~180日程度

 

三井住友カード ゴールド(NL)

年会費 ポイント種別 還元率
5500円 Vポイント 0.50%~5.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
8200円 1~5か月 26%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのVポイントが貯まる。

・コンビニ大手3社やマクドナルドではVisaのタッチ決済で5%還元。(iDは2.5%)

・最短5分でのスピード発行。

人気のゴールドカード(NL)ですね。ナンバーレスで最短5分でカード番号表示までいけて、ネットショッピングに便利。

また年間100万円以上の利用で次年度以降の年会費が永年無料になるのもうれしい点です。

 

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ポイントインカム 6100円 新規でカード発行 90日程度
モッピー 4500円 新規でカード発行 30日~150日程度
ライフメディア 6000円 新規でカード発行 30日~150日程度

 

三井住友カード(NL)

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 Vポイント 0.50%~5.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
12000円 1~6か月 67%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのVポイントが貯まる。

・コンビニ大手3社やマクドナルドではVisaのタッチ決済で5%還元。(iDは2.5%)

・最短5分でのスピード発行。

ナンバーレスで最短5分でカード番号表示までいけて、ネットショッピングに便利。

主な特徴はゴールド(NL)と同じで違いは以下が分かりやすいです。
>>各カードのサービス一覧

 

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ECナビ 3500円 新規でカード発行 60日~90日程度
ライフメディア 3500円 新規でカード発行 30日~180日程度
ワラウ 4000円 新規でカード発行 45日程度

 

JCB CARD W/JCB CARD W plus L

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 Oki Dokiポイント 0.60%~5.50%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
12500円 2か月程度 60%

主な特徴

・基本は支払い1000円につき2ポイントのOki Dokiポイントが貯まる。

・スターバックス、Amazon、セブンイレブン、モスバーガー等の優待店では2~10倍のOki Dokiポイントが基本に加えて貯まる。

・申込ができるのは18~39歳と年齢制限あり。

Oki Dokiポイントは1ポイント3~5円の換算で、交換先によって異なります。

またplus Lの方は女性向けの付帯サービスが多く、カードの色が淡いピンクでお上品なデザイン。(主な特徴は変わりません)

女性におすすめです。

 

単価上位のポイントサイト(10月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ハピタス 5000円 新規でカード発行 60日程度
モッピー 5000円 新規でカード発行 60日程度
ポイントインカム 5000円 新規でカード発行 80日程度

※WとW plus Lの同時申し込みはできないので注意。

 

イオンカード(WAON一体型)

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 WAONポイント 0.50%~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
8000円 1.5~3か月程度 38%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのWaonポイントが貯まる。

・イオン系列店ではポイントが2倍。

・複数種類あるイオンカード間でポイントの合算利用可能。

種類が豊富なイオンカードのWaonが一体となっているバージョンです。(主な特徴は一緒で、ミッキーマウスのカードデザインもあります)

日用品をイオン系列店で買う方は持っておいて損のない1枚。

 

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ポイントタウン 5000円 新規でカード発行 45日程度
モッピー 4000円 新規でカード発行 90日程度
ポイントインカム 2000円 新規でカード発行 45日程度

 

エポスカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 エポスポイント 0.50%~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
12000円 1~2か月程度 50%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントのエポスポイントが貯まる。

・楽天Edyにチャージして決済でポイント2重取りが可能。

・表面はシンプルな縦型デザイン、カード番号や名前は裏面記載。

年間利用額が50万円以上で、ゴールドカードへのインビテーション(招待)が届くようです。

エポスカード目的ではなく、ゴールドカード目的で利用するユーザーも少なくありません。

 

また、シンプルデザインよりも単価は安くなりますが、「ワンピース、プリキュア、すみっコぐらし、エヴァンゲリオン、リラックマ、ゴジラ」から券面のデザインを選ぶことも可能です。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 6000円 新規でカード発行 60日程度
ちょびリッチ 6000円 新規でカード発行 20日程度
ポイントインカム 6000円 新規でカード発行 60日程度

 

ダイナースクラブカード

年会費 ポイント種別 還元率
24200円 ダイナースクラブリワード 0.50%~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
24200円 1~2か月程度 9%

主な特徴

・支払い100円につき1ポイントのダイナースクラブ リワードポイントが貯まる。

・初年度の年会費は無料。

・レストランやゴルフなど優待がアツい。

ダイナースクラブは、VISAやMaster cardなどの国際ブランドに比べるとやや知名度は劣ります。

とはいえ、Mastercardブランドのコンパニオンカードを無料で発行できるので実店舗での利用でも「カードが切れない」ということは基本ありません。

ただしコンパニオンカードは200円で1ポイント還元になります。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 17500円 新規でカード発行 10日程度
ポイントタウン 17500円 新規でカード発行 30日~60日程度
ハピタス 22000円 新規でカード発行 30日程度

 

セゾンパール アメリカンエキスプレスカード

年会費 ポイント種別 還元率
初年度無料 永久不滅ポイント 0.50%~3.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
13000円 1~3か月程度 81%

主な特徴

・支払い200円につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まる。

・QUICPayへチャージして決済すれば、最大3%還元。

・初年度の年会費は無料、2年目以降は1100円ですが1度でも利用すれば無料。

大手コンビニや飲食店、家電量販店、ガソリンスタンドなどQUICPayに対応しているところは多く、3%の恩恵は受けやすいです。

 

通常のカードタイプと、実態のないデジタルタイプの2種類から選べます。

どこのポイントサイトでも通常とデジタルタイプ の単価は変わりません。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ちょびリッチ 2500円 カード発行後ショッピング利用 30日程度
げっとま 2200円 カード発行後ショッピング利用 60日程度
ポイントインカム 2300円 カード発行後ショッピング利用 90日程度

 

リクルートカード

年会費 ポイント種別 還元率
永年無料 リクルートポイント 1.20%~4.20%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
6500円 1~3か月程度 82%

主な特徴

・毎月の利用額の1.2%をリクルートポイントして還元。

・リクルートポイントは1ポイント1円扱いで、dポイントかPontaポイントに交換可能。

・ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーなどのリクルートの特定のサービスでの利用でさらに高還元。

通常のショッピングで常時還元率1.2%は高水準です。

dポイントやPontaポイントを貯めたり、利用したりしているユーザーには重宝しますね。

 

電子マネーへのチャージでも1.2%の還元ですが、月に3万円までという制約があるので注意。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ちょびリッチ 1100円 カード発行 45日程度
ハピタス 1200円 カード発行 30~90日程度
ポイントインカム 1100円 カード発行 90日程度

 

JALカード(VISA) 普通カード

年会費 ポイント種別 還元率
初年度無料 JALマイル 0.50~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
14000円 1~3か月程度 11%

主な特徴

・支払い200円につき、JALマイルが1貯まる。

・JAL特約店だと200円につき2マイル。

・年会費は2年目以降2200円。

旅行が趣味な方や、飛行機によく乗る方には重宝するカードですね。

JALカードの中でのスタンダードなタイプ。

 

ポイントサイトの獲得条件は、「カードの発行+ショッピングマイルプレミアムへの入会」である点に注意。

※ショッピングマイルプレミアムは年会費3300円のサービスです。

また、国際ブランドはVISAを選択、JALカードの他シリーズを持っている場合はポイント対象外。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
モッピー 12500円 カード発行+入会 90日程度
ハピタス 12000円 カード発行+入会 30日程度
ちょびリッチ 10000円 カード発行+入会 30日程度

 

JALカード (CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールド)

年会費 ポイント種別 還元率
11000,17600円 JALマイル 0.50%~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
30000円 1~3か月程度 43%

主な特徴

・支払い200円につき、JALマイルが1貯まる。

・JAL特約店だと200円につき2マイル。

・年会費はCLUB-Aが11000円、CLUB-Aゴールドが17600円)


一般的にはCLUB-Aが普通カードのワンランク上、ゴールドはさらにその上。という位置付けになっています。

ショッピングで貯まるマイルに変わりはありませんが(ゴールドは2倍)、フライトで貯まるマイルや優待特典がパワーアップしています。

 

とはいえ、ポイントサイト経由の場合、最近は両者は同列に扱われています。

CLUB-Aとゴールド、どちらを発行しても報酬は変わりません。

注意点としては、国際ブランドはVISAを選ばないとポイント獲得の対象外という点。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ライフメディア 15000円 カード発行 30~60日程度
ハピタス 17000円 カード発行 30日程度
ECナビ 15500円 カード発行 翌月末

 

JALカード  (CLUB-EST)

年会費 ポイント種別 還元率
2200円、5500円 JALマイル 0.50%~1.00%
過去最高単価 ポイント付与期間 乖離率
17500円 1~3か月程度 9%

主な特徴

・20歳以上30歳未満の人のみ申し込める(30歳になる誕生月の4カ月前の月末まで)

・普通、CLUB-A、CLUB-Aゴールド、プラチナの4種類から選ぶ。

・年会費は普通、CLUB-Aが5500円、CLUB-Aゴールド、プラチナが2200円。

4種類のJALカードに追加で付帯できるオプションサービスのようなイメージ。

JALカードの年会費とCLUB-ESTの年会費がダブルでかかりますが、マイルを貯めることに特化した1枚。

(ショッピングで得られるマイルはJALカードと変わらず)

20代のみが手にすることのできる限定カードです。

 

ポイントサイトで報酬になる国際ブランドはVISAのみで、さらに他のJALカードを所持したことがある(現在所持中も含む)場合は対象外。

単価上位のポイントサイト(11月)

ポイントサイト 単価 条件 付与時期
ライフメディア 12000円 カード発行 90日程度
ハピタス 16000円 カード発行 30日程度
ポイントインカム 11500円 カード発行 30~60日

 

 

まとめ

以上、ポイントサイト経由で作れるクレジットカードについてでした。

 

過去最高単価だけ知っていれば、現在の単価が得なのか損なのかの判断ができます。

特に「このクレジットカードが作りたい」という拘りがなければ、過去最高単価に近いクレジットカードを作ってしまうのも1つの手段かと思います。

 

ポイ活ユーザーの方はぜひ狙ってみてください。

© 2021 よんぶろ