ポイントインカムでアプリやゲームが承認されない理由は何?解決策は?

ポイントインカムのアプリやゲーム案件で、「承認待ちがつかない」とか「承認されない」といったことが稀にありますよね。

 

ポイントインカムの場合は、こういったときの対策は問い合わせしかありません。

結論を先に書きましたが、この記事では以下のようなことを書いています。

 

この記事の内容

・承認待ちが反映されない理由。

・承認されない理由。

・ポイントが付与されないときにやること。

「承認待ちがつかない」とか「承認されない」といった方はご覧ください。

※ポイントサイト毎に若干ルールや名称が異なります。

今回はあくまでポイントインカム限定の話です。

 

 

ポイントインカムの2種類の広告

ポイントインカムには大別すると2種類の広告があります。

承認待ちがあるパターンと、即追加のパターンです。

 

承認待ちがあるパターン

広告具体例1

例えば上の場合。

アプリをインストールして初回起動すれば、30分程度で承認待ちになります。

そこから条件を達成すれば、24時間以内に承認されポイント付与となる例ですね。

 

承認待ちが反映されると、ポイント通帳に記載されます。

(画像は月曜日にアプリをインストールしたため、獲得できるポイントが少しずれています。)

 

判定をするのはポイントインカム

ポイント通帳に記載され承認待ち状態になるかどうかの判断をするのはポイントインカムです。

 

承認待ちがつけば、ポイントを獲得するための基本を満たした状態であると言えます。

広告主が承認してくれるのを文字通り待っている状態ですね。

 

即追加のパターン

もう1つのパターンが、承認待ち反映のない即追加パターン。

ポイント通帳への記載はなく、条件を達成するとポイントが即付与されます。(ポイントが付与されて初めてポイント通帳に記載される)

 

判定をするのは広告主

この場合、承認するかどうかの判定を行うのは広告主です。

とはいってもASPの自動承認を利用しているので機械的に判定は行われます。

 

 

承認待ちが反映されない理由

承認待ちが反映されていない状態で、条件を達成してもポイントは絶対に付与されません。

要はポイントインカムに何らかの理由で却下されている状態です。

 

仮に承認待ち反映30分程度とあれば、基本的に30分以内に反映されます。

反映されない場合は、以下に該当している場合が考えられます。

 

過去に利用したことがある広告

・すでに他のポイントサイトでポイントを獲得したことがある広告。

・ポイント獲得まで至らなかったが、インストールや登録したことがある広告。

 

こんな感じで過去に利用したことのある広告は承認待ち反映されません。

 

インストール後1時間以内に初回起動

アプリやゲーム案件には、インストールしたら1時間以内に初回起動するというルールがあります。

 

例えば、インストール中に寝落ちして次の日に起動した。

こういった場合は承認待ち反映されませんが、起動する前に再度ポイントインカムを経由してアプリを起動すれば反映されることもあります。

 

サイト越えトラッキングを防ぐがONになっている

iPhoneやMacのPCユーザーは標準ブラウザがsafariになっていると思います。

 

safariにはサイト越えトラッキングを防ぐ機能があります。

onになっているとポイントインカムから広告へ移動したという履歴が残らないため、承認待ち反映されない場合があります。

 

サイト越えトラッキングを防ぐをoffにするか、Chrome等の別のブラウザからポイントインカムを利用しましょう。

 

公共のWifiを利用してインストールした場合

カフェとかコンビニにある誰でも使えるWifiを使って、アプリやゲームをインストールした場合は承認待ち反映されないことがあります。

 

途中で通信環境を変えた場合

ポイントインカムを経由してインストールから初回起動。

この間に通信環境を変えると、承認待ち反映されないことがあります。

 

例えば、歩きながらスマホをいじっている場合。

公共のWifiに自動接続してしまうこともありますので注意ですね。

 

その他

あと考えられるのは

・複数のポイントサイトを利用していて、ポイントインカム以外で経由したと判断された場合。

・海外から接続している。

・実は承認待ち反映のない広告だった。

こんな感じでしょうか。

 

 

承認されない理由

では次に承認されずにポイントが付与されない場合。

 

承認期間が即追加であれば遅くても5分程度。

最大24時間であれば、24時間以上かかることはないです。

 

承認期間を過ぎてもポイントが付与されない場合はいくら待っても付与されることはありません。

何らかの理由で却下されています。

 

考えられる理由は以下。

もちろん即追加の案件の場合は、上記の承認待ちが反映されない理由に該当しないことも必要です。

 

そもそも条件を達成していない

例えば、「レベルを40まで上げる」というのが条件のゲームの場合。

 

上げるのはプレーヤーレベルなのか、キャラのレベルなのか、あるいはギルドのレベルなのか。

ゲームによって条件はさまざまで、勘違いしやすい条件のものも多々あります。

 

承認されるための条件はしっかり確認しておきましょう。

 

達成期限を過ぎてしまった

ゲームやアプリの案件にはほぼ達成期限が設定されています。

 

「インストールしてから30日以内に条件達成」といった感じですね。

この期限を過ぎている場合は、承認されないことが多いです。

 

公共のWifiを利用してプレイした

例えば、スタバでコーヒーを飲みながらスタバのWifiを利用したとします。

この状態で条件を達成しても、承認されないことがあります。

 

途中で機種変更した場合

なんらかのアプリに挑戦中で機種変更した場合。

 

当然、新しい機種の方にアプリをインストールして引き継ぎをしなければ続きからプレイはできませんよね。

しかしこの場合は過去にインストールしたことがある扱いになり、承認はされません。

 

その他

あと考えられるのは

・通信不調等の理由でASP側に条件を達成したという情報が届いていない。

・ASPの手動承認を利用しており、広告主が手動で否認している。

こんな感じでしょうか。

 

 

承認待ちがつかない、ポイントが付与されないときにやること

・承認待ちがつかない。

・ポイントが付与されない。

 

理由はさまざまでしょうが、待っていれば解決するものでもありません。

 

ユーザーができることは問い合わせしかないです。

問い合わせができるのは、承認待ち反映がある広告だけです。

 

お問い合わせの場所

PC版だと画面の右上にあります。

通帳とお友達紹介の間のところですね。

 

スマホ画面だと画面右上のメニューを開くとあります。

 

お問合せでできること

「承認待ちがつかない」とか「条件を達成したのに承認待ちが続く」

こういった場合に問い合わせることができます。

 

しっかりと広告利用していれば、承認待ちやポイントが付与されることもあります。

 

 

まとめ

以上、ポイントインカムの承認待ちや承認についてでした。

 

ゲームやアプリ案件では、承認待ちのあるものだけがお問合せでどうにかなる可能性があります。

逆に即追加で付与されなかった場合は、どうにもなりません。

 

ショッピング案件や公式サイトの有料会員登録案件ですと保証があるので安心ですが、ゲームやアプリ案件ではポイントインカムが自腹を切って保証してくれる制度はありません。

 

単価との兼ね合いもあるでしょうが、アプリ保証のあるポイントサイトを利用するのも1つの手段かもしれませんね。

© 2021 よんぶろ