ワラウポイントをドットマネーに交換するメリットとやり方を解説

ワラウ

ワラウで貯めたポイントをドットマネーに交換するメリットと手順をまとめました。

 

ドットマネーを経由するメリット(ワラウ編)

基本的にワラウの場合は、ほとんどの交換先が手数料なしで交換できます。

日頃からドットマネーを愛用している人以外は、ドットマネーを経由する意味がありません。

 

しかし以下の場合にはドットマネーを経由する意味があります。

 

銀行振込する場合

ワラウで以下の銀行に振込する場合、手数料がかかります。

・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・新生銀行
・あおぞら銀行
・セブン銀行
・ソニー銀行
・じぶん銀行
・イオン銀行
・大和ネクスト銀行
・三菱UFJ銀行

 

これらの銀行に振込をする場合に手数料が100円(1000ポイント)かかります。

ドットマネーから振込をすれば手数料が無料ですので、ドットマネー経由のほうがお得です。

 

10ポイント1円以上になるパターン

基本的にワラウのポイントは10ポイントで1円換算です。

しかしドットマネーを経由することで、以下の3つは1円以上の価値で交換できます。

 

・Amazonギフト券への交換。

・App Store & iTunes ギフトへの交換。

・Net Cashへの交換。

 

ワラウポイントをこれらへ交換したい場合には、ワラウで交換するよりドットマネーを経由したほうがお得になります。

 

マイルに交換する場合

ワラウポイントはマイルに交換することができません。

マイルを貯めているという方は、ドットマネーを経由する意味があります。

 

ドットマネーにあってワラウにない交換先

マイルの話が出たので、ついでに補足しておきます。

 

・サーティワン eGiftへの交換。

・StockPointへの交換。

・ペイパルへの交換。

・huluチケットへの交換。

・DAZNチケットへの交換。

・図書カードネットギフトへの交換。

・マンガワンでの漫画購入。

・エムアイポイントへの交換。

・J-coinへの交換。

・スターバックスギフトチケットへの交換。

・WINTICKETへの交換。

・TOKYU POINTへの交換。

・楽天ポイントへの交換

・AWAの1か月聴き放題プランの支払い。

・トラノコへの交換。

・Amazon図書商品券への交換。

・Spoonギフトコードへの交換。

・小田急ポイントへの交換。

・Amebaコインへの交換。

・Bit Cashへの交換。

・QUOカードPayへの交換。

・Vプリカへの交換。

・ウェブマネーへの交換。

・ココナラポイントへの交換。

・リクルートポイントへの交換。

 

上記の交換先はワラウにはありませんので、利用する場合はドットマネー経由に意味がありますね。

 

 

ワラウポイントをドットマネーに交換するやり方

まずは、ワラウへアクセスし、「メニュー」→「ポイント交換」→「交換サイト」と進み「手続する」をクリック。

(あらかじめドットマネーに登録している必要があります。)

 

ワラウ登録時に設定した「秘密の質問の答え」を入力します。

5回間違えると凍結するので注意。

 

交換は最低5000ポイントから最大100000ポイントまでで、5000ポイント単位で選べます。

金額にかかわらず1日に1回まで交換可能です。

 

交換額を入力したら、ドットマネーの口座番号を入力します。

ドットマネーの口座番号は、ドットマネーログイン後の「設定」から確認できます。

 

最後に確認画面が表示されるので、交換申請するをクリックで完了。

申請したポイントは、すぐにドットマネーのほうへ反映されます。

 

まとめ

以上、ワラウポイントをドットマネーへ交換するメリットとやり方でした。

ワラウでは王道の交換先はほぼ揃っていますが、ドットマネー経由だとさらに使い道が広がるイメージでしょうか。

 

一部の主要銀行への振込、一部の交換先でややお得になるという性質がありますので、ワラウのポイントをドットマネーに交換するのも1つの選択肢としてありそうです。

© 2021 よんぶろ