ちょびリッチでAmazonギフト券に交換してみた。やり方と思わぬ落とし穴。

ちょびリッチで貯めたポイントをAmazonギフトコードに交換してみました。

やり方や手順は特に迷うことはないでしょうが、備忘録的な意味で残しておきたいと思います。

 

これからAmazonギフトコードに交換しようかな」と考えている方で、イメージだけでも掴んでおきたい方は参考にしてみてください。

 

Amazonギフトコードに交換する手順

まずはスマホでもパソコンでも、≡メニューをタップ(クリック)し、ポイント交換へと進みます。

そしてamazonギフト券をチョイス。

 

秘密の質問と答えを入力

次に秘密の質問と答えを入力します。

ちょびリッチ登録時に決めたやつですね。

 

なお、初めての交換の場合はこの前にもう1手順必要です。詳細は以下。

>>ちょびリッチ初めてのポイント交換のやり方

 

交換ポイントの選択

交換は最低1000ポイント~で、1000ポイント刻みで1日でMAX60000ポイントまで交換可能。

なお、会員ランクによって上限は異なります。

 

ちょびリッチからメールが届く

上記まで完了させるとちょびリッチの運営からメールが届きます。(ちょびリッチ登録時に入力したメールアドレス宛に届きます。必ず受け取れるようにしておきましょう。

メール内のコード確認URLをクリックしてギフトコードが確認できます。

 

このギフトコードをコピーしてamazonのマイページでチャージすれば完了です。

 

 

実際に交換してみた感想

筆者も実際にちょびリッチからamazonギフトコードへ10000ポイント分交換してみました。

ちょびリッチは2ポイント1円なので、5000円分ですね。

正直、かなり面倒なことになりました。

 

500円分のコードが発行される

ちょびリッチでアマギフ交換すると全部500円のコードで発行されるんですね。

筆者の場合だと5000円分申請したので、500円コードが10枚発行されます。

 

1つのコードをコピーして、アマゾンでギフトコードをペーストしギフト券を登録。

5000円チャージするためには、これを10回繰り返す必要があるんですね。

 

5000円のコードを発行してくれれば1撃で済む話なのに・・・

非常に面倒に感じました。

 

急ぎでないならドットマネー経由が良いかと

5000円分を1度ドットマネーへ交換し、ドットマネーからamazonギフト券へ交換すればこの手間はなくなります。

しかし、ドットマネーからamazonギフト券への交換には日数がかかります。即日交換はできません

 

日数がかかる以外のデメリットがないので、どうしてもすぐにamazon内のギフト券残高をチャージしたい場合を除き、ドットマネー経由でも良いのかなと思います。

 

まとめ

以上、ちょびリッチからamazonギフト券へ交換するやり方と注意点でした。

大量交換する際はチャージが面倒ですが、すぐにギフトコードが入手できるのは魅力ですね。

すぐにでもギフト残高をチャージしたい人向けかなと思います。

© 2022 よんぶろ