インカムキャッチャーで1~300pt。やり方と場所。

インカムキャッチャー

ポイント交換後の密かなお楽しみであるインカムキャッチャー。

1タップで1~300ptが付与されるボーナスゲームのようなものです。

 

この記事ではポイントインカム「インカムキャッチャー」のやり方や場所について書いています。

 

 

インカムキャッチャーとは

インカムキャッチャーはクレーンゲームです。

操作は簡単で「タップするだけ」。

上の画像のように「スタート」をまずタップ。

 

続いて「ストップ」をタップし、「次へ」をタップ。

これだけでボーナスポイントが獲得できます。

 

獲得できるボーナスポイントは2~300pt。

300ptを引いたことはありませんが、2ptを引いたこともありません。

クレーンがアイテムを落とすと1ptになるらしいですが、それもありません。

わたしの場合は大体いつも100pt前後に落ち着きます。

 

場所

キャッチャースマホ

スマホの場合は、まず画面右上の「メニュー」を開きます。

メニュー内の「キャンペーン」をタップ。

 

「キャンペーン&特集」と「コンテンツ」の2種類のタブがありますが、コンテンツの方を開きます。

 

コンテンツの下の方に「インカムキャッチャー」があります。

 

PCの場合は画面の一番下。

フーター内、インカムコンテンツのやや下にあります。

 

 

引くための条件やルール

インカムキャッチャーは無限に引けるわけではなくて、引くための条件だったりルールだったりが存在します。

 

9000pt以上交換後に引ける

 

要はポイントを1000円分交換すれば引く権利が得られます。

「1000円分交換」とは交換の申請ではなく、交換の完了を指します。

交換が完了すれば、当日でなくてもいつでも引けます。

 

引けるのは1日1回まで

インカムキャッチャーを引けるのは1日1回までです。

銀行振込とか電子マネーに交換する場合だと、引いたあとにポイント交換が完了する場合もありますよね。

 

こういった場合でも1日に2回引くことはできず、翌日以降でないと引けません。

 

権利のストックはできない

★ポイント交換後にインカムキャッチャーを引かず、別の日に再度ポイント交換。

この場合、前回の引く権利は消滅し、直近のポイント交換分の1回しか引けませんので注意。

 

 

権利があっても引けない場合

全プレーヤーの獲得ボーナスが75000ptを超えると権利があっても引けません。

毎日0時と12時の2回、75000ptが補充されます。

 

10万pt交換ならいつでも可

1度の交換が10万pt以上であった場合は、残りのポイントが0であっても引くことが可能です。

 

 

まとめ

以上、インカムキャッチャーのやり方や場所でした。

 

ゲームをして1ptとか、アンケートで3ptとか。

こういった手間を考えると、インカムキャッチャーは遥かに優秀です。

 

1000円分以上を交換した際には忘れずに引いておきたいですね。

© 2021 よんぶろ