Yay(イェイ)のIDチェックって何?やり方とポイント獲得の流れ

Yay

Yay(イエイ)のIDチェック後の7日目ログインに挑戦してみました。

ポイントサイトの案件ですね。

今回経由したのはワラウ。

 

この記事の内容

・Yayはどんなアプリなのか。

・IDチェックとは?

・ポイント獲得までの流れ。

ポイントサイトでYayの存在を知って、気になっている方はご覧ください。

 

 

Yay(イエイ)ってどんなアプリ

無料で、見知らぬ人(Yayユーザー)と通話やチャットができるアプリです。

1対1でのやりとりや、複数人が同時に参加することが可能。

 

単なる暇つぶしだったり、悩み相談だったり。

そういった意味ではマッチングアプリとは性質が異なりますね。

何を誰と話すのか」ユーザーの考えによっては有益なアプリになりそうです。

 

90年代のサービス

1990年代、PHSがまだ世に出回っていた時代。

#8520とかダイヤルQ2といった、匿名で他人と繋がるサービスは昔からあったようです。

 

暇つぶしだったり、出会い目的だったり。

人と繋がるのは基本的に顔見知りのみだった時代から、有料で他人と繋がるサービスがあった模様。

利用しすぎて月に100万円以上を請求された人もいたとかいないとか。

 

Yayは完全な上位互換

Yayも基本的には他人と繋がることを目的としたアプリですが、無料でも利用できます。

 

無料で利用できる+チャットもできる」という点で完全な上位互換ですね。

便利な時代になったものです。

 

利用者は若年層が中心

Yayのターゲット層は18歳~20代前半と若年層が中心です。

未成年でも利用はできますので、学生が中心のアプリと言っても過言ではありません。

 

同年代の男女と気軽に繋がることができるのが魅力でしょう。

 

 

IDチェックとは

IDチェックとは年齢確認のことです。

画面右下の「たこのようなアイコン」をタップで、プロフィールの画面に移動します。

(※アイコンはランダム決定なので、たこではない場合もありますが場所は一緒です。)

 

初期状態だと画像のように未承認になっています。

この状態は、IDチェックが済んでいない状態です。

 

18歳未満はIDチェック不可

18歳未満はアプリの利用はできますが、IDチェックはできません。

ただし、18歳であっても大学生や短大生であればIDチェックはできます。

 

 

IDチェックのやり方

まずはプロフィール画面の未承認の部分をタップします。

画面の下に「年齢確認を行う」とありますので、ここをタップですね。

 

ここから身分証明書を撮影して提出することでIDチェックが完了します。

手順に沿って進めていくと、カメラが起動しますので身分証明書を撮影すればOKです。

 

有効な身分証明書

・運転免許証

・健康保険証

・学生証

・在留カード

・保険書類

・マイナンバーカード

・パスポート

・共済組合員証

・住民基本台帳カード

・年金手帳

・身体障害者手帳

上記のどれか1つでOKです。

 

必要な情報

IDチェックに必要な情報は3つだけです。

・身分証の名称

・生年月日

・発行者名

顔写真や名前、住所などは不要で、隠して撮影しても問題ありません。

大事な部分は、紙などで覆って撮影すればOKです。

 

 

ポイント獲得の注意点

ポイント獲得の条件はIDチェックではなく、チェック後のログインです。

インストールしてからIDチェック後の7日目にログインすることが条件。

 

くどいですが利用は条件ではなくて、あくまでIDチェック後のログインが条件です。

 

ポイ活民の方は、7日目ログインを忘れないように。

 

 

まとめ

以上、YayのIDチェック後7日目ログイン案件についてでした。

・単純にポイ活したい方。

・刺激を求めている方、同年代の人と話すのが好きな方。

・人との繋がりを経て成長したい方。

こういった方にはおすすめです。

 

基本的にアプリ案件はポイ活勢が殺到するほど企業の赤字は増えますので、ポイントサイトに掲載されている期間も限定的。

興味がある方は即行動がよろしいかと。

© 2021 よんぶろ