コインカムのポイントをデジコに交換してみた。やり方やメリットは?

コインカムで貯めたポイントをデジコに交換してみました。

2021年の9月に追加された新しい交換先ですね。

 

デジコに交換してみようかなと思う方は、やり方やメリットについて書いていますので参考にしてみてください。

 

 

デジコに交換する手順

まずはメニューから、「CIMを交換する」を選択。

 

デジコの下「交換する」を選択。

その後、再認証が必要になるので、コインカムにログインする際のパスワードを入力します。

 

認証後、4ステップで交換完了ですが実質2ステップです。

10秒くらいで終わります。

手数料もかかりません。

 

1.メールアドレス登録

メールアドレスはコインカム登録時に入力したものが自動で使われます。

なので、このステップは無いようなものです。

 

もし変更があった場合は、メニューのアカウント設定でメールアドレスを更新しておきましょう。

 

2.交換ポイント設定

500円分、1000円分、2000円分、3000円分、5000円分の5パターンから金額を選べます。

月に4万円までという制限がありますが、1日で4万円分を交換することも可能です。

5000円分を8回申請するのは面倒ですけど・・・

 

3.確認画面で交換するをタップ

金額を選ぶと確認画面がでます。

最下部にある「交換する」をタップで完了。

 

4.交換完了

デジコへの交換完了までは早いです。

「交換を受け付けました。」と表示されたと同時にもう完了しています。

 

 

デジコでの受け取り方

交換が完了すると、登録しているメールアドレス宛にギフトコードとギフトURLが記載されたメールが届きます。

もしくはメニューの取得履歴からも同じものが確認できます。

 

ギフトURLをタップすれば、そのままデジコのサイトへギフトコードが入力された状態で移動できるので楽です。

デジコに会員登録するといったことも必要ありません。

そのまま交換に進むをタップ。

 

あとは
・Amazonギフトコード

・iTunesギフトコード

・Google Playギフトコード

・PeXギフトコード

4つの中から好きなコードを選べば完了です。

選択したコードが入手できるので、自分のアカウントにチャージしましょう。

 

コードが発行されるまでの時間は?

筆者の場合は20分くらいでコードが発行されました。

かなり早いです。

 

 

デジコに交換するメリット

上記のギフトコードが欲しい場合には、ドットマネーやリアルペイと比較して優秀です。

 

リアルペイ・・・交換に手数料がかかる。

ドットマネー・・・交換に1日~2日程度かかる。

数十分くらいで、Amazonギフト、iTunesギフト、Googleplayギフトが入手できるのがメリットですよね。

これらのコードを素早く入手したいときに重宝します。

 

PeXコードに交換できる

ドットマネーやリアルペイからPeXに交換することはできません。

ECナビの利用者にとっては、ECナビで貯めたポイントとコインカムで貯めたポイントを合算できるのがメリットです。

 

 

まとめ

以上、コインカムで貯めたポイントをデジコに交換するやり方とそのメリットについてでした。

・ゲームに課金する

・漫画や音楽を購入する。

・Amazonでショッピングする。

こういった方にはデジコでの交換もありかと。

© 2021 よんぶろ